ネットワークエンジニア関連

ネットワークエンジニアきついと感じるならフリーランスエンジニアになっちゃえば良いです

投稿日:2021年9月7日 更新日:

 

どうも、オカダです。

 

現在、当ブログの管理人オカダも、フリーランスエンジニアとして、ネットワーク業界に身を置いておりまして、いわゆるネットワークエンジニアをしております。

 

 

IT業界の中でも、ネットワーク業界にいるみなさん、「ネットワークエンジニアきついな」と感じていたりしますか?

 

結論から申しまして、私はネットワークエンジニアの仕事をきついと思っていません。

 

これは現役のフリーランスエンジニアだからこそ言える意見だと考えています。

 

 

ネットワークエンジニアでもフリーランスエンジニアならきつくない

 

そもそも、仕事がきついという定義もいろいろな観点があると思います。

 

例えば・・・・

 

  • プロジェクトを大量に抱えていて忙しすぎる
  • 自宅から会社が遠過ぎて、通勤が辛い
  • 収入が低すぎるし全然増えないからきつい
  • ネットワークの運用監視業務を担当しているから休日・夜間関係なく対応が必要だからきつい

 

こんな感じで理由は様々、人によって担当する業務やポジションがあると思いますが、それぞれきついと感じる事があると思います。

 

ネットワークエンジニアのきついと思う問題を解決する方法の一つとして、フリーランスエンジニアになるという方法があると思っています。

 

フリーランスエンジニアになっても結局ネットワークエンジニアだからやる事変わらないじゃん。

 

と思ってしまうかもしれませんが、実際仕事の内容が全然違くなります。

 

というのも、フリーランスエンジニアって、個人事業主で、業務委託契約でお仕事をするんですね。

 

業務委託契約の契約内容に記載されている業務以外はする必要がありません。というよりできません。

 

業務委託契約で発注頂いた業務をこなす事だけに集中すれば良いわけです。

 

仕事をどうやって探すのかというと、フリーランスエンジニアに特化したエージェントがあるので、そこに仕事を紹介してもらいます。

 

 

 

今すぐレバテックフリーランスに登録(無料相談)


 

 

収入も基本爆上がりします。(笑)

 

正社員だった当時25万程度だった月収が80万を超えました。これだけ聞いてもヤバイですよね。

 

高い報酬をいただく代わりに激務になる訳ではありません。

 

稼働は非常に安定しています。むしろ減りますいや、超楽になります。やばいです。本当に。

 

フリーランスエンジニアになるまでは私も超多忙でした。

 

正社員の忙しさ

 

新卒で入った会社の正社員時代は面倒だと感じる事が盛り沢山でした。

 

正社員ですので、会社のためにやらなければならないことも相当沢山あります。

 

本業であるネットワーク運用以外に、例えば新入社員の教育を担当した時期もありました。

 

しかも、酷いことに、ネットワーク部門の人間なのに新入社員に対してプログラミングを教育せよと・・・。

 

他にもこのままではこの会社はいかん!と言う事で、これから会社を変えるために、社員として何をしていけば良いか検討する会とかですね・・・。

 

そういった本業以外の業務?作業?については、フリーランスエンジニアの場合、考える必要がありません。

 

あくまでも自分が契約した業務のみをこなしていけば良いだけです。

 

派遣社員の忙しさ

 

派遣社員と比較しても、フリーランスエンジニアの方が圧倒的に楽で、収入も高いです。

 

私の経験では、正社員より派遣社員の方が本業に集中できて気が楽でしたし、正直年収ベースでは収入が上がりました。

 

基本的に長期契約して欲しいと言う現場の思いもあり、正社員と同じように有給休暇もあったし、社会保険、厚生年金もあり大きな不安はなかったです。

 

ただし、業務内容としてはかなり忙しかったです。

 

派遣社員の場合、派遣会社に登録して、その派遣会社から派遣されて派遣先の会社で就業することになりますが、指揮命令権は派遣先の会社の人にあります。

 

つまり、就業先の会社の指揮命令権を持った人が自由に派遣社員のリソースを使う事ができるという訳です。

 

もちろん、契約から完全に外れた業務などは依頼できませんが。

 

ただ基本的には、正社員の方と派遣社員でやる業務は一緒でした。正社員しかできない事以外は全部やる感じです。

 

だけど何か問題がある場合は派遣会社に相談すれば対応してくれるので、ある程度守られてる感はありました。

 

まあ、私の場合は派遣先の管理者の方に直接相談しますが。(笑)

 

そういう交渉が苦手な方は派遣会社の営業に相談すれば全部対処してくれます。

 

が、基本はやはり忙しくてきつい時期もかなりありました

 

プロジェクトによっては残業時間が100時間を超えることもありました。

 

フリーランスエンジニアはどうか?

 

 

 

フリーランスエンジニアになってからは、残業なんて基本しません

 

契約で稼働時間を決めているので、残業という概念ではありませんが、基本的にフリーランスエンジニアの場合、準委任契約で工数(時間)で契約になりますので、例えば毎月140時間〜180時間という枠の中で業務を行っていくような契約になります。

 

むしろ140時間ちょうどくらいの稼働が多いです。

 

以前はオフィスに常駐する契約が多かったですが、最近はコロナ渦という事もあり一気にリモートワークの現場が増えました。

 

私も基本はリモートワークということもあり、時間はかなり自由です。

 

今までの仕事内容と比較したら気楽でかなり自由で、収入も高くて、文句のつけようがありません。(笑)

 

 

まとめ:フリーランスエンジニアめっちゃおすすめ

 

今現在正社員や派遣社員でネットワークエンジニアをやっていてきついなーと感じている方は、ぜひフリーランスエンジニアになっちゃってください

 

現在就業中でもフリーランスのエージェントでカウンセリングしてもらう事も可能です。私もそうでした。

 

 

 

今すぐレバテックフリーランスに登録(無料相談)

 

 

フリーランスエンジニアの場合は、自分がやりたい案件だけ受ければ良いので、やってみたい技術や得意なスキルを活かせそうな現場だけを選んで働く事ができます。

 

私の場合は、ネットワークエンジニアなのでネットワークの設計構築案件をやらせて頂くのがメインかと思われがちですが、実は自分で言うのもなんですが、コミュニケーション能力の高さを評価していただく事が多いので、それを活かしたマネジメント系の案件を主に担当させて頂いています。

 

ですので、フリーランスエンジニアと一言で言っても、ゴリゴリに技術や知識が必要な訳ではなく、私のようにコミュニケーション能力の高さを活かした案件や、PMが得意な方はPMやPMOの案件なども本当に沢山あります。

 

しかもPM案件などの方が単価が高かったりもしますし。

 

さらに英語が得意な方はもっと高単価な案件なんかも狙えちゃいます。

 

なのでまずは、今すぐフリーランスエンジニアのエージェントに一度相談したりカウンセリングを受けてみて、自分の市場価値を確かめてみる事をオススメします。

 

 

今すぐレバテックフリーランスに登録(無料相談)

 

 

 

よく読まれている記事

1

  どうも、オカダです。   私は現在、現役のフリーランスエンジニアとして仕事をしています。   ITエンジニアも様々なジャンルがありますが、私がやっているジャンルとして ...

2

  どうも、オカダです。   ネットワークエンジニアとして現役のフリーランスエンジニアをしている管理人のオカダが、一番おすすめできるエージェントのレバテックフリーランスをご紹介しま ...

3

  どうも、オカダです。   今日は仕事に関しての話を書いていきます。   私は普段、フリーランスエンジニアとしてネットワークエンジニアの仕事をしています。   ...

4

  どうも、オカダです。   現在も現役フリーランスエンジニアとして、ネットワークエンジニアをしている管理人のオカダですが、プロフィールにも記載していますがフリーランスエンジニアと ...

-ネットワークエンジニア関連
-,

Copyright© オカダブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.